理研分析センター 放射能試験 ISO/IEC 17025 認定(放射能試験部)のご案内


理研分析センター お問い合わせ 
  1. ホーム
  2. 取扱商品一覧
  3. 放射性物質分析試験・放射線測定

放射線測定・放射性物質試験

  ゲルマニウム半導体γ線スペクトロメトリーによる
  ヨウ素-131、セシウム-134及びセシウム-137の測定・分析

放射能試験での国際規格 ISO/IEC 17025試験所認定を取得しています。
農林水産省の「輸出食品等に対する放射性物質に関する検査の実施機関」です。
製品の輸出については、日本貿易振興機構(JETRO)のホームページ
「国内の放射線検査機関(全国対応)について」に掲載されています。

  • ISO/IEC17025試験所認定(放射能測定)について

  • 輸出先国の輸入条件等 農林水産省ホームページ


  • (分析・検査料金は税抜き表示です)

    << 食品類の基準検査 >>
      検査試料:800 g 〜 2000 g の場合
       一般食品・乳幼児用・乾燥食品・飲料水・牛乳等
        (目標検出 10 Bq/kg)   3,800 円
        (検出限界 2 Bq/kg)      6,000 円
        (検出限界 1 Bq/kg)      8,000 円
        (検出限界 0.5 Bq/kg)    12,000 円
        (検出限界 0.25 Bq/kg)    15,000 円
        (検出限界 0.10 Bq/kg)    22,000 円
        (検出限界 0.05 Bq/kg以下) お問合せ下さい
       飲料水・牛乳等
        (目標検出限界 1 Bq/kg)   8,000 円
        (検出限界 0.50 Bq/kg)    12,000 円
        (検出限界 0.25 Bq/kg)    15,000 円
        (検出限界 0.10 Bq/kg)    22,000 円
        (検出限界 0.05 Bq/kg 以下) お問合せ下さい
      少量試料:70〜200 g 程度
        (目標検出限界 10 Bq/kg)   4,800 円
        (検出限界 5 Bq/kg以下)   12,000 円
        (検出限界 2 Bq/kg以下)   15,000 円
        (検出限界 1 Bq/kg以下)   お問合せ下さい
      極少量試料:
        (検出限界 --- Bq/kg以下)  お問合せ下さい
     対象:
      飲料水、牛乳、食品全般(農畜海産物)、加工製品、原材料等


    << 環境試料・土壌・肥料・廃棄物・地下水・汚泥など(食品以外) >>
       基本: 12,000 円 
     検出限界目安:
       (試料量 200 g程度) 5〜10 Bq/kg以下
       (試料量 2000 g程度) 1 Bq/kg以下

      例: 河川、プール水など
       (必要量 2000 g) 1 Bq/kg 以下
      例: 土壌
       (必要量 2000 g) 2 Bq/kg 程度

     試料が極少量の場合はその旨お問合せ下さい。
     通常受取後1〜2営業日で結果発送(特急は当日/24時間の速報)です。
     多検体の検査については別途割引致します。お問合せ下さい。

     対象:
      環境試料、、溶出試験、プール水、土壌、加工製品、原材料、化粧品
      排水、汚泥、焼却灰、肥料、セメント、工業材、リサイクル材
      排ガス・大気中の放射性物質測定、溶出量試験など

     使用機器:
      ゲルマニウム半導体検出器+ MCA 相対効率 25-50 %

     方法:
      厚生労働省 食安発0315 第4 号/第5 号 「食品中の放射性物質の試験法について」
      (別添)「食品中の放射性セシウム検査法」(平成24 年3 月15 日)
      厚生労働省 「緊急時における食品の放射能測定マニュアル」(平成14 年3 月)
      環境省 「廃棄物関係ガイドライン」(平成25年3月 第2版)
      文部科学省 「ゲルマニウム半導体検出器によるガンマ線スペクトロメトリー」(平成4年8月)等に準拠。

     体制:
      組織管理、分析員教育訓練、測定手順、内部精度管理等について、
      標準作業手順書を作成し、管理運用しています。
      外部精度管理について、日本適合性認定協会主催等年数回参加しています。

    ※ 含水率測定、溶出試験等行っています。
    ※ ISO/IEC 17025結果報告書が必要な場合、あらかじめご連絡下さい。
    ※ 宅配の際は「サンプル」と記入お願いします。
    ※ 報告書の検出限界値を管理上統一することが可能です。
    ※ 土壌、灰など処分困難な物は原則返送(着払)となります。
    ※ 報告書とスペクトルチャート(紙面)の郵送になります。
    ※ 検出下限の対象はヨウ素-131、セシウム-134、セシウム-137となります。
    ※ 文部科学省「ゲルマニウム半導体検出器によるガンマ線スペクトロメトリー(平成4年8月)」
      で検出下限計算に推奨(記載)されている検出限界定数(ファクタ)は「3σ」です。
    ※ 共存核種が多い・極端に軽い物質の場合等、検出限界を満たせない場合があります。
    ※ 当社でのサンプリング費については別途お問合せ下さい。
    ※ 検査料金等は2-4ヶ月単位で改定を行う場合があります。ご了承下さい。

    ヨウ素(131I )セシウム(134Cs、136Cs、137Cs)の他、
    カリウム-40、コバルト-60等の放射性核種測定も行っております。

    NaIスペクトロメータの利用によるスクリーニング法にも対応しております。


  • ※ 尿・母乳中の放射能検査紹介はこちらです。

  • ※ 1.0Bq/kg以下を検出限界とする放射性物質濃度精密分析試験紹介はこちらです。

  • ※ 排ガス・大気中等の放射線物質測定(サンプリング+測定)紹介はこちらです。


  • ・お申込み方法
    当HPにある申込書に記載可能事項を記入しFAX又はメールでお申込み下さい。
     ホームページからのお申し込みはこちらです。
    (ネット・FAX送信環境や印刷環境が無い場合は電話にてお受けいたします。)
     ↓
     申込書に記載の電話番号に折り返し電話いたします。
     内容、料金等について、説明、確認、確定します。
     ↓
     試料を理研分析センター本社まで宅配にてお送り下さい。
     申込書又は内容を記載した紙を宅配にご同封下さい。
     ↓
     試料受取から分析完了後、結果を紙面にて郵送いたします。

    ・分析試験料金について
     記載住所宛に料金を記載した振込用紙を送付します。
     そちらに振込みお願い致します。

      宅配宛先:本社  〒997-0013 山形県鶴岡市道形町18-17
                株式会社 理研分析センター 宅配受付
                TEL 0235-24-4427  FAX 0235-24-4429


    NaI(Tl)シンチレーション、GMカウンターによる
    空間線量、表面汚染のシーベルト(μSv/h)測定をしています。お問合せ下さい。

    ご案内

    お申込み

    サンプルの宅配について